グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 豊島病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(R3年1月25日)

豊島病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(R3年1月25日)

                                                         


令和3年1月25日
 この度、公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院(以下「病院」という。)の一般病棟において、患者4名と職員4名の新型コロナウイルスの感染が確認されましたので、御報告いたします。
 なお、今回の感染確認による、診療体制への影響はありません。

1 感染確認の状況

・令和3年1月上旬に新型コロナウイルス感染症とは別の疾患で一般病棟に入院し1月中旬に退院した患者Aが、1月21日(木曜日)に体調不良となったため病院でPCR検査を実施したところ「陽性」と判明した。
・このため、患者Aが入院中に同室だった患者B、Cについて、1月22日(金曜日)にPCR検査を実施したところ、「陽性」と判明した。
・所管保健所の指導により、一連の陽性患者との接触状況の調査を行ったところ、43名(患者7名、職員36名)が濃厚接触者と判断された。このため、PCR検査を実施したところ、全員陰性であった。
・また、念のため陽性患者と同じ病棟に入院していた患者、接触があった職員等について、1月22日から順次PCR検査を実施した。
・1月25日(月曜日)までに、332名の検査が完了し、5名(患者1名、職員4名)の「陽性」が判明。他の327名(患者等101名、職員等226名)については、「陰性」を確認した。
・陽性が判明した患者が入院していた病棟は、一般病棟であり、新型コロナウイルス感染症患者が入院する病棟ではない。

2 陽性が判明した職員の概要

別紙のとおり

3 病院の対応等

・陽性が判明した患者4名(患者A、B、C、D)は、新型コロナウイルス対応病棟に転棟し、治療を行っている。
・陽性が判明した職員4名(職員1、2、3、4)のうち、1名は軽症であり宿泊施設にて療養中、3名は無症状であり自宅療養中である。
・濃厚接触者と判断された患者7名は入院を継続し健康観察を行っている。また濃厚接触者と判断された職員36名は自宅待機としている。
・陽性者以外の患者及び職員に、現在、感染を疑わせる症状は認められない。引き続き健康観察を行うとともに、必要に応じてPCR検査を実施する。
・当該病棟及び職員休憩室等は、日々消毒を実施している。
・感染経路は現在のところ不明であり、今後、所管保健所の調査に協力していく。
・引き続き、職員の手指衛生やマスク着用などの標準予防策の徹底及び感染管理担当(ICT)による巡回点検を実施する。

4 今後の診療について

 今回感染が判明した職員と接触のあった患者、職員に症状を訴える者はいないこと、病院では手指衛生やマスクの着用などの標準的な院内感染対策を適切に行っていることから、所管保健所の指導・助言を踏まえ、外来、入院とも診療を継続する。
<問合せ先>
公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院
庶務課 移川(うつしかわ)、梅村  電話 03-5944-3500(直通)

公益財団法人東京都保健医療公社事務局
総務課 小俣、内海  電話 03-5577-2133(直通)