グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 豊島病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

豊島病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

                                                         


令和3年2月2日
 公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院(以下「病院」という。)における新型コロナウイルス感染者の発生について御報告いたします。
 令和3年1月25日(月曜日)の報道発表により患者と職員の感染を報告した病棟に関連して、新たに職員1名の陽性が判明いたしました。
 なお、今回の感染確認による、診療体制への影響はありません。

1 病院における陽性者の発生状況について

 1月21日(木曜日)と22日(金曜日)に判明した一連の陽性患者との濃厚接触者であった職員1名(職員5)が1月31日(日曜日)に発熱したため、PCR検査を実施したところ2月1日(月曜日)に「陽性」が判明した。なお、職員5は1月22日に行ったPCR検査では「陰性」であり、1月23日(土曜日)以降、自宅待機としていた。

2 陽性が判明した職員の概要

職員5
年   代:20代
性   別:女性
職   種:看護師(常勤・病棟勤務)
居 住 地:都内
現在の症状:発熱、咳、鼻汁。自宅療養中

3 病院の対応等

・職員5は、所管保健所の指導に基づき、現在、自宅療養中である。
・職員5は、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる病棟の勤務ではない。
・職員5は1月23日以降、自宅待機となっており、発症日の前2日間は勤務していないため、濃厚接触者はいな
 い。
・職員5は、勤務中は常時マスクを着用し、手指衛生を行うなどの標準予防策を実施していた。
・引き続き、職員の手指衛生やマスク着用などの標準予防策の徹底及び感染管理担当(ICT)による巡回点検を実
 施する。

4 今後の診療について

 今回陽性が判明した職員は、1月23日以降病院に勤務していないこと、病院では手指衛生やマスクの着用などの標準的な院内感染対策を適切に行っていることから、所管保健所の指導・助言を踏まえ、外来・入院とも診療を継続する。
<問合せ先>
 公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院
  庶務課 移川(うつしかわ)、梅村  電話 03-5944-3500(直通)

 公益財団法人東京都保健医療公社事務局
  総務課 小俣、内海         電話 03-5577-2133(直通)
  事業推進課 沼口、永竹       電話 03-5577-2135(直通)

[参考]
これまでの豊島病院職員の新型コロナウイルス感染報道発表
・医師   5名
・看護師  2名
・薬剤師  1名