グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > ガイドライン  > 職業倫理指針・臨床倫理指針

職業倫理指針・臨床倫理指針

豊島病院職員は病院運営理念に基づく最善の医療を提供するために、患者権利憲章の精神と本倫理指針を遵守して職務に専念します。 
当院では、最新の設備、専門スタッフを配置することで、一般医療機関では対応が困難な高度専門医療や行政的な対応が必要な医療を都民に提供していくとともに、区西北部二次保健医療圏における中核病院として地域の医療に貢献するため、以下のとおり重点的に取り組む医療を定めています。

職業倫理指針

  1. 患者さんの生命、権利、尊厳を尊重し、いかなる人にも公平かつ公正に医療を提供します。
  2. 医療を受ける人びとのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 患者さんとのコミュニケーションを通じて相互の信頼関係を築き、その信頼関係 を基に医療を行います。
  4. 医療の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、品格を高めるよう努めます。
  5. 常に知識や技術の取得と向上に努め、医学及び医療の発展に尽くします。
  6. 各職員が互いに専門性を尊重し、良い協力関係を築き、最善の医療の実践に向け、チーム医療を推進します。
  7. 公社職員としての自覚・責任感を常に持ち、関係法令を遵守し、医療を通して地域社会に貢献します。

臨床倫理指針

  1. 患者さんの自己決定権を尊重するため、十分な説明と同意を行います。
  2. 患者さんの希望の有無に拘わらず、有望な治療の紹介や情報提供のために積極的にセカンドオピニオンをすすめます。
  3. 国や学会等で定めた関係法令やガイドラインを遵守し、検査・診断・治療・研究を行います。
  4. 安楽死、尊厳死、終末期医療などの生命の尊厳に関する問題や医療行為の妥当性に関する問題については、倫理委員会や病棟カンファランスにおいて複数の職種により審議を行い、治療方針を決定します。
  5. 診療の質や医療行為の妥当性については、自己決定権の尊重、最大限の利益の供与、無害及び公平公正の4原則をもとに検証します。
  6. 医療の発展のために臨床研究を行い、実施に当たっては臨床研究審査委員会・倫理委員会等において十分な検討を行います。