グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 院内感染対策

院内感染対策

当院では、院長直轄の組織として、院内感染予防対策委員会を設けるとともに、各部門において院内感染対策の実務を行うインフェクションコントロールチーム(ICT)を設置して、院内感染防止に取り組んでいます。

豊島病院感染管理組織図

感染管理の組織的取り組み

委員会位置づけ主な活動
院内感染
予防対策委員会
(ICC)
豊島病院全体における院内感染を予防し、衛生管理の万全を期することを目的とする。
感染対策の方針の作成、決定、種々の情報や問題を吸い上げ討議する最高決定機関
  • 院内感染の予防対策に関する決定
  • 院内感染が発生した場合の疫学調査及び感染の拡大防止に関すること
  • 院内感染予防のために必要な職員教育に関すること
  • 職員の健康管理に関すること
  • 洗浄・消毒・滅菌に関すること
インフェクション
コントロールチーム
(ICT)
感染症の治療、耐性菌の予防、院内感染の防止を目的にICCの下部組織として活動する実働機関
  • 病院感染発生状況の把握とその対応
  • サーベイランス
  • 院内職員対象のコンサルテーション
  • 感染症治療指針の作成、指導
  • 抗菌薬の適正使用の監視と指導
  • 感染対策の実践と教育
  • 耐性菌などの疫学調査
  • 職業感染予防対策の実施
  • 感染対策物品の検討
看護部感染リンク
ナース委員会
ICC・ICT・看護部の方針をのもと、所属看護単位における感染対策の実践、指導を行う実働機関
  • 看護部内における感染対策に関すること
  • 看護職員の感染対策に関する問題点の把握、教育、指導に関すること
  • 所属看護単位における感染対策上の問題点の抽出と改善方法の検討に関すること
  • 感染対策技術の標準化・徹底に関すること