グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色と取り組み  > 脳血管疾患医療

脳血管疾患医療

当院の重点医療の一つである『脳血管疾患医療』のご紹介です。


当院における『脳血管疾患医療』の概要

板橋区をはじめとした周辺区においては、脳卒中医療に係る医療ニーズは高く、高齢化の進展に伴い、今後ますます患者さんが増えるものと考えられます。
当院では、脳卒中ケアユニット(SCU)を6床設置しており、地域の脳卒中患者の早期回復、疾病予防に努めています。今後とも増加するニーズに対応するため、救急における初期対応から退院に至るリハビリテーションまで、トータルに治療する脳卒中医療体制の更なる充実を図っています。

脳血管疾患医療に対する当院の取り組み

専門外来

脳血行再建手術外来:高次脳機能障害や片麻痺失語症など、生活の質を大きく損ねる脳卒中の危険性を軽減させる目的で、脳動脈硬化症による脳虚血状態を改善し、脳梗塞の予防に寄与するのが脳血行再建手術です。
医学的証拠に基づき慢性的な脳虚血状態を確認し、適切な脳血行再建手術の適応を診断する目的の専門外来です。
この外来では、正確な脳血流量測定と脳循環予備能の評価を行い、脳梗塞発症の危険性を判断して適切な治療をお勧めしています。

重点医療:脳血管疾患医療

脳血管障害、いわゆる脳卒中は生命の危険を伴うだけではなく、片麻痺や失語症など後遺症が生活の質の低下を招き、介護を要するなど社会的にも重要な疾患です。予防医療が最も重要で、高血圧症、糖尿病、高コレステロール血症などの内科治療とともに、喫煙や運動不足などの生活習慣の改善が必要です。脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)が生ずれば、急性期に適切な外科治療や薬物治療が必要となり、後遺症には適切なリハビリ治療が欠かせません。当院では、脳卒中医療を重点医療に掲げ、関係する脳神経外科、神経内科、リハビリ科だけでなく医療連携を通じた地域での患者支援体制づくりに努力しています。特に急性期病院として脳卒中患者受け入れのためSCU(脳卒中急性期病床6床)を設け、迅速な患者受け入れを目指しています。また、急性期の治療を開始するとともに早期にリハビリ治療も開始し、社会復帰の促進を図っています。

豊島病院SCU室長 清田 満