グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色と取り組み  > その他の特色医療  > 精神科救急医療

精神科救急医療

当院は、平成11年度の開設以来、東京都が実施する「精神科夜間休日診療事業」に参画し、基幹的な役割を果たしています。東京都全域を4ブロックに分けたうちの区部北西地域の7区を対象として、365日24時間体制で夜間及び休日の精神科救急患者に対応しています。
第1ブロック都立墨東病院(千代田、中央、港、文京、台東、墨田、江東、江戸川)
第2ブロック東京都保健医療公社 豊島病院(豊島、北、荒川、板橋、練馬、足立、葛飾)
第3ブロック都立松沢病院(新宿、品川、目黒、大田、世田谷、渋谷、中野、杉並、島しょ)
第4ブロック都立多摩総合医療センター(多摩地区)

平成23年8月より、さらなる地域の精神科患者のニーズに応え、東京都の精神科救急体制の充実を図るため、「精神科スーパー救急」を実施しており、精神科救急入院料を算定しております。これは、精神科の入院料の中では最上位の施設基準であり、人員配置・設備・医療水準ともに以下のような厳しい基準をクリアした場合に認められるものです。

  • 精神保健指定医が常勤で5名以上であること
  • 病床の半分以上が個室(保護室含む)であること
  • 精神疾患に係る時間外・休日又は深夜における診療件数が200件以上であること
など
精神科救急医療は、精神科 が診療を担当しています。