グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色と取り組み  > その他の特色医療  > リハビリテーション医療

リハビリテーション医療

当院では、いろいろな疾患に対し、発症急性期から、早期日常生活活動(ADL)の自立、早期在宅復帰を目標として、集中的かつ専門的なリハビリテーションを行っています。また在宅復帰に向けてのリハビリテーション目的の入院も可能です。
入院だけではなく、通院でのリハビリテーションも実施しています。

入院でのリハビリテーション

急性期のリハビリテーション

院内他科からの依頼により、廃用症候群の予防、早期ADL改善を目指したリハビリテーションを実施しています。
特に重点医療の一つである「脳血管疾患」に対しては、当院はSCU病棟を有しており、脳神経外科、神経内科と密接な連携をとりつつ、急性期からADL向上に向けて積極的な対応を行なっています。
また、がん手術予定患者(外科)の「術前」からのリハビリテーション介入も行っています。急性期病院での限られた入院期間で最大限のリハビリテーション効果をあげるために、病棟主治医、リハビリテーション科医師、リハビリテーション科スタッフ、病棟看護師、MSW等による合同カンファレンスを定期的に開催し、今後の方針、方向性を決定します。

回復期相当のリハビリテーション

当院は「回復期リハビリテーション病棟」は有しませんが、回復期に相当する患者に対し、在宅復帰を目標とした、短期集中リハビリテーション入院(2-3週間程度)を行っています。
またボツリヌス治療およびリハビリテーション目的の入院も行っています。

通院でのリハビリテーション

外来通院でも理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。
リハビリテーション実施期間は原則として保険診療上の「算定日数上限」の範囲内となり、その後は地域における介護保険サービス等によるリハビリテーションに移行しますが、機能、能力の維持・向上のため、医療でのリハビリテーションの継続が必要と判断される患者については、「算定日数上限」以降も、対応いたします。
長期にフォローが必要な高次脳機能障害に対する対応も行っています。