グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医療技術部門  > 検査科  > 業務紹介

業務紹介


 


 検体検査室         輸血検査室           中央採血室         一般検査室

 細菌検査室          生理検査室         病理検査室       臨床工学技士業務

検体検査室

検体検査室では、血液や尿、その他の体液を検体とした、以下の検査を行っています。
院内で測定している緊急検査項目については60分以内に結果を報告し、患者さんの診療がスムーズに行われる体制を支えています。

当院の検体検査室は、日本臨床衛生検査技師会の精度保証施設認証を取得しています。

自動血球数算定装置

◆院内で行っている検査

1.生化学的検査
血液を遠心分離機にかけて有形成分(血球)と無形成分(血清)に分離し、血清中の成分を分析します。
肝臓や腎臓の機能など身体の状態を知ることができ、病気の診断や治療効果の判定、症状の経過観察に欠かせない検査です。

血液塗抹標本写真

2.血液学的検査
貧血や炎症などを知るための血球数算定や、血液の止血能力を知るための凝固線溶検査などの検査を行っています。
自動血球数算定装置にて目視が必要と判断された場合、臨床検査技師が顕微鏡で観察して、異常な細胞が出ていないかを確認し報告を行っています。

3.免疫学的検査
腫瘍マーカー、甲状腺ホルモン、感染症、心疾患マーカー、血中薬物濃度を検査しています。


◆委託検査

検査の内容により、院外の施設に委託をして行っている検査もあります。
委託検査の場合、検査結果のご報告まで数日~数週間お時間をいただいてい
ます。

輸血検査室

全自動輸血検査装置

輸血検査室では、患者さんへの輸血が安全に実施されるよう、血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験を行っています。

また、血液製剤と自己血液製剤の保管・管理を行っています。

当院の輸血検査室は、日本輸血・細胞治療学会の機能評価認定(I&A)を取得しています。

中央採血室

中央採血室

中央採血室では採血・尿検査の受付を行っています。

臨床検査技師と看護師にて採血を行い、一日平均170人程の採血を行っています。
混み合う時間帯は最大4台の採血台で採血に対応しています。

患者さんに安心して採血を受けていただけるよう、音楽を流しリラックスできる雰囲気づくりをしています。

中央採血室は日本臨床検査標準化協議会(JCCLS)標準採血法ガイドラインに沿って運営されています。

一般検査室

一般検査は、尿、便、穿刺液などを対象に検査を行います。
これらの検体を使用して、腎臓や各臓器の異常などを調べることができます。
◆主に行っている検査

・尿検査

尿の色調や混濁を観察したり、pHや比重、尿中の蛋白や糖・血液などの成
分の有無を調べる『尿定性検査』と、尿中に含まれる血球や細胞などの有形
成分を調べる『尿沈渣検査』の2種類に大きく分けられます。
腎臓の疾患や尿路系疾患、糖尿病などのスクリーニングや診断に役立てられ
ています。

・便潜血検査

便に血液が含まれるかどうかを調べる検査です。消化管からの出血があると
便に血液が混じります。大腸がんのスクリーニングなどに役立てられていま
す。

全自動尿分析装置
全自動尿中有形成分分析装置

◆新型機器導入のお知らせ

H30年11月に、全自動尿中有形成分分析装置「UF-5000」を導入し、24時間いつでも尿沈渣検査が可能となりました。

◆チーム医療活動への参加

1.栄養サポートチーム(NST)
血液検査の結果から栄養状態の評価を行い、低栄養の患者さんのデータ提供を行っています。

2.糖尿病療養指導チーム(DECT)
実際に患者さんの検査データを見ながら、検査値についての説明を行ってい
ます。

細菌検査室

細菌検査室では、患者さんから採取された材料(尿・痰・便など)より、病気の原因となっている細菌を特定し、その細菌に効果のある抗菌薬を調べています。
また、病院内感染に関わる仕事として、多職種から構成されるチームに入り、抗菌薬の効かない細菌(薬剤耐性菌)が検出された際の報告やデータ集計などを行うことで、病院内感染から患者さんを守っています。

1.塗抹鏡検検査

◆細菌検査の流れ

1.塗抹鏡検検査

スライドガラスに検査材料を塗り、染色して顕微鏡で観察します。

2.分離培養検査

2.分離培養検査

検査材料や目的とする細菌によって、発育しやすい培地を選び、35℃前後で18~24時間培養します。

3.同定・薬剤感受性検査

3.同定・薬剤感受性検査

病気の原因と思われる細菌が発育してきた場合、細菌の特定(同定検査)と抗菌薬の効果を調べる検査(薬剤感受性検査)を行います。

結果が出るまで約2~4日かかります。


◆迅速検査

インフルエンザウイルスやRSウイルス、咽頭アデノウイルスなど、15分前後で結果が出るキットも積極的に使用しています。

生理検査室

生理検査は、患者さんと向き合って検査を行う部門です。
患者さんが安心して検査を受けることができるよう努めています。

動脈硬化検査装置

◆心電図検査 (検査時間:5~10分)
心臓から出ている微小な電気を、心電計を通して波形として記録します。
不整脈や狭心症、心筋梗塞などの診断に有効な検査です。

◆運動負荷心電図検査 (検査時間:40分)
動くベルトの上を歩行し、心臓に負荷を与え、心電図の変化を観察する検査です。

◆ホルター心電図検査 (機器装着・説明:15分、検査時間:24時間)
心電図検査ではみつけることが困難な不整脈や、心筋梗塞や狭心症などの変化の有無を小型の心電計を携帯して24時間記録する検査です。

◆動脈硬化検査 (検査時間:15~30分)
両手両足に血圧計を巻き、血管の硬さと血管の詰まりを調べる検査です。

◆24時間血圧測定検査 (装着時間:15分、検査時間:24時間)
血圧は日常生活では極めて大きな変動がみられます。24時間に渡り、刻々
に変化する血圧を測定する検査です。

◆呼吸機能検査 (検査時間:15~60分)
息を吸ったり吐いたりして、肺から出入りする空気の量や速度、肺内のガス
濃度を測定し、肺の機能を調べる検査です。

◆脳波検査 (検査時間:1時間)
頭皮に電極を着け、脳から発生する非常に小さな電気を脳波計を通して波
形として記録する検査です。

超音波検査装置

◆誘発電位検査(聴性脳幹反応) (検査時間:1時間)
ヘッドホンで音を聞いていただき、その音に対する脳からの反応をみる検査です。

◆聴力検査 (検査時間:30分)
音を聞き分け、どの音域で聴力が障害されているか調べる検査です。

◆神経伝導速度検査 (検査時間:30分~1時間)
末梢神経線維(運動神経、感覚神経)や筋肉を刺激し、得られる電位を波形として記録する検査です。

◆睡眠時無呼吸検査 (検査時間:簡易型の場合は夜間就寝時間帯)
寝不足状態が続く原因を調べるための検査です。
簡易型の場合は検査装置をご自宅にお持ち帰りいただき、就寝時にご自身で検査装置を装着していただきます。

◆超音波検査 (検査時間:20~30分)
物体に当たった超音波(エコー)の反射派を受信して映像化し、病変の有無
を観察します。
副作用のない検査です。

腹部超音波検査画像

<対象となる検査の種類>
1.腹部エコー  :肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓
2.心エコー   :心臓
3.体表エコー  :乳腺、甲状腺、頚部、体表面
4.頸動脈エコー :頸動脈

※腹部エコーは、食事制限が必要です!!
 ・午前中の検査の方は、朝食はとらずにご来院ください。
 ・午後の検査の方は、朝食は7時までに軽くおとりいただき、
  その後は禁食してください。


◆新型機器導入のお知らせ

2018年11月より動脈硬化検査装置『VaSera』が導入され、ABI(足関節上腕血圧比)の他、TBI(足趾上腕血圧比)の検査が可能になりました。


◆患者の皆さんへ

生理検査室では、予約時間通りのスムーズな検査ができるよう努めておりますが、検査内容や検査状況により、お時間通りのご案内が難しい場合があります。

病理検査室

病理検査室は生検組織診断、手術により摘出された臓器の組織診断、術中迅速診断、細胞診断、病理解剖(剖検)を主な業務としています。
医療の質の向上にむけ、正確で迅速な病理診断を行い、患者さんおよび臨床医の必要とする情報の伝達に日々心がけています。また定期的に種々のカンファレンスを行うことで診断・技量の向上に努めています。

◆診療体制
常勤の病理専門医(細胞診指導医)2名、非常勤病理専門医4名、臨床検査技師(細胞検査士)4名で業務を行っています。
常勤の病理専門医、細胞診指導医がいることにより質の高い医療を提供することができます。
受付から診断書作成までに画像ファイリング情報管理システムを導入し、診
断情報管理の一元化と業務効率の向上を図っています。

◆業務内容

1.組織診断

・生検組織診断
胃・大腸などの消化管や気管支、肺の内視鏡検査で採取された病変の一部や皮膚などにできた病変等から組織片を採取し、病理組織標本を作製します。病変が炎症性のものか腫瘍性(良性・悪性)のものかなどを病理専門医が診断します。
また化学療法や放射線療法の効果判定も診断します。

・手術により摘出された臓器の組織診断
手術で摘出された臓器・組織を切出し、病理組織標本を作製します。臨床診断の確定や病変の広がり具合、転移の有無等による病期判定を病理専門医が診断します。患者さんの治療方針の決定に重要な役割を担っています。

・術中迅速診断
手術中に採取された病変を急速凍結させ、病理組織標本を作製します。病変
が全部取りきれているか確認のため切除断端や、癌の場合には転移を疑う部
位(リンパ節など)を調べ、手術で切除する範囲を決定します。
病変部分の提出から執刀医へ診断結果報告までに要する時間は15~20分ほど
です。

★定期的に臨床医を交えた外科病理カンファレンスや消化器内視鏡カンファ
レンスを開き、画像所見や臨床診断との整合性を確認しています。

2.細胞診断
細胞診検査は子宮頸部などの直接、体の一部を擦って細胞を採取するものや喀痰や尿中に剥離した細胞を集めるもの、乳房や甲状腺などにできた「しこり」に直接注射針を刺して吸引したもの等があります。
採取された細胞をスライドガラスに塗って染色を行い、細胞診標本を作製します。細胞検査士が正常細胞や炎症、感染の影響を受けた細胞などの良性細胞や癌細胞のような悪性細胞を見つけ出し、細胞診指導医が最終判定をします。
全ての細胞診標本は細胞検査士と細胞診指導医のダブルチェック方式で診断を行っています。

3.病理解剖(剖検)
治療の甲斐なく、不幸にしてお亡くなりになられた患者さんのご遺体をご遺
族の承諾を得て解剖を行わせていただくことが病理解剖(剖検)です。

直接的な死因の推定や合併症の有無・程度、臨床診断との整合性、治療の効
果など病態の検索を行います。

病理解剖の結果は病理専門医から主治医へ報告され、主治医がご遺族にご説
明します。

病理解剖の結果が蓄積されることにより、医学の進歩への貢献が期待されま
す。
◆実績
年度2016年度2017年度2018年度
組織診断
(うち術中迅速診断)
4,342件
(96件)
4,782件
(125件)
4,854件
(107件)
細胞診断3,272件3,420件3,310件
剖検数16件11件15件

◆新型自動染色装置導入のお知らせ

2018年10月より、自動染色装置『Tissue-Tek Prisma Plus 、Tissue-Tek Glas』が導入され、染色から封入までを一元化し、迅速な標本作製ができるようになりました。

臨床工学技士業務

透析室

臨床工学技士4名で、透析室での血液浄化業務とMEセンターでの医療機器管理業務を行っています。
透析室(5床)では、血液浄化業務(月・水・金 2クール、火・木・土 1クール)、ICUでアフェレーシスなど緊急血液浄化の対応をしています。 平成24年度RST(呼吸療法ケアチーム)を立ち上げ、週1回のラウンドを実施、患者中心の医療に貢献しています。
MEセンター業務では、毎日の病棟ラウンドを実施し、管理医療機器の定期保守を実施しています。 生命維持装置の保守・点検・管理や医療機器安全使用研修等、当院の医療安全推進に貢献しています。