グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医療技術部門  > 薬剤科  > 業務紹介

業務紹介

病棟業務

 すべての病棟に専任の薬剤師(病棟薬剤師)を配置しています。病棟薬剤師は、患者さんの話しを聞くことや検査の結果、血圧などをもとに、安全に薬が使用されているか確認しています。また、薬の効果・飲み方、副作用、相互作用(薬の飲み合わせ)、注意事項などについてきちんとお伝えすることで、患者さんの薬への不安や疑問をなくし安心して服薬できるように心がけています。さらに、回診やカンファレンス(患者さんの治療について話し合い)に参加し、医師、看護師ら他の医療スタッフと一緒に患者さんの病状を考え、より良い薬物療法(薬による治療)を提供しています。
 平成25年4月より「病棟薬剤業務実施加算」の施設基準を取得し、病棟薬剤師の役割はより幅広くなりました。病棟薬剤師は、医師等の業務負担軽減および薬物療法の質の向上のために十分な時間を確保し、患者さんの持参薬の確認や、使用に注意が必要な薬(ハイリスク薬)の管理にも力を注いでいます。

<<おもな病棟薬剤師の業務>>
 ・患者さんへの薬に関する説明(服用の目的、服用に際しての注意事項等)
 ・飲み薬や注射薬が使用されている患者さんの体の状態を把握(検査結果等の確認)
 ・回診、カンファレンス等への参加(薬物療法の質の向上)
 ・薬の安全に関する最新情報の提供
 ・医師、看護師等からの薬に関する質問への対応
 ・持参薬の確認と飲み方の提案
 ・使用に注意が必要な薬(ハイリスク薬)の患者さんへの説明
 ・医薬品の品質管理

医療チームへの参加

院内の医療チームすべてに薬剤師が参加しています。
各チームは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士などさまざまな職種の医療スタッフが集まり、それぞれの職能を生かすことで、治療に難渋している主治医を助け、早期の疼痛緩和や病状の回復に努めています。

お薬相談 入院前のお薬の確認

初めて飲む薬の効果や副作用、その対処方法の説明、吸入薬の使い方の指導など、患者さんに薬剤師が丁寧にお教えします。
また、整形外科や眼科などで手術を目的に入院される患者さんを中心に、普段飲んでいる薬をいつ中止したらいいか、入院中はどうしたらいいか、などの説明も入院前に薬剤科で行っています。

外来化学療法室でのお薬の説明

外来患者さんが点滴治療を受ける外来化学療法室では、お薬の効果や副作用、治療中に注意していただきたいことなどについて説明しています。
さらに、患者さんからのご質問や不安な点をうかがい、安心して化学療法を受けられるように、また副作用が出ていないかを確認しています。

処方調剤

いろいろな調剤機器が薬剤科の中で利用されています。これらは、適切なお薬が安全に患者さんに渡るために、たくさんの工夫をして有効に使用されています。

また、いろいろな診療科から「同じお薬が重複して処方されていないか」
「飲み合わせの悪いお薬がないか」など、処方箋の内容を検査値や薬歴とともに確認し、疑わしい点があれば処方医に必ず確認してから調剤を行っています。

注射調剤

注射室では注射薬の取扱いを行っています。
外来や入院中のすべての患者さんの注射薬調剤は、2台の注射払い出し機を駆使しています。

注射薬の配合禁忌(混ぜてはいけない薬)、投与量、投与速度、投与期間など、ここでたくさんの事項を病棟薬剤師と連携を取りながら確認し、疑わしい点は医師にも確認して、安全な注射薬が病棟で使用されるように努めています。

注射剤ミキシング

病院の中で投与されるすべての抗がん剤は、専用のキャビネットを使い、薬剤科で作っています(ミキシング)。患者さんの状態や登録プロトコール(約束の抗がん剤投与方法)に従って十分にチェックすることで、清潔で安全な抗がん剤が病棟で使用されています。
また、食事がとれない患者さんのための高カロリーの栄養輸液や、退院時に自宅に持って帰る注射薬も薬剤科で作ってます。

医薬品情報

医薬品情報室は、患者さんに医薬品を有効にかつ安全に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師、他の医療従事者の問い合わせに対し的確な情報を提供すること、また重要な医薬品に関する情報を病院内へ発信する部署です。病院中の医療スタッフからの質問をこの医薬品情報室で一気に引き受けています。

ここは、「病院の医療の質を支える縁の下の力持ち!」です。問い合わせの内容では、医薬品の効能効果や用法用量、注射剤の投与方法や安定性、また混合した際の配合変化や新薬についての情報などの問い合わせが多くあります。他にも、他の病院でもらった医薬品や海外で使用している医薬品の問い合わせがあります。
これらの質問に対して迅速に対応するため、書籍や学術雑誌などを整理保管し、またデータベース等を利用しコンピュータで検索ができるように整備しています。

製薬会社の医薬品情報担当者からの新しい情報提供や、厚生労働省などから発表される緊急安全性情報や医薬品等安全性情報等の重要な情報を、医師、薬剤師、看護師、他の医療従事者に速やかに伝達します。