グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医療技術部門  > 薬剤科  > お薬を飲んでいる患者さんへ

お薬を飲んでいる患者さんへ

外来のお薬は、かかりつけ薬局で!


当院では、外来のお薬は原則、院外処方せんを発行し、市中の調剤薬局で調剤してもらう仕組みをとっています。
是非、ご近所や職場の近くでかかりつけ薬局を作ってください。

もってて安心「かかりつけ薬局」

こんな時も便利です!

「かかりつけ医」が普段の健康管理や万が一病気になったときの心強い味方だとすれば,薬局は薬の面からそれらのサポートをしてくれます。住まいや勤務先に近い調剤薬局を「かかりつけ薬局」に選ぶと便利です。

近所のクリニックや大きい総合病院、歯科医院など、さまざまな医療機関で貰った処方せん(自分の飲むお薬)をかかりつけ薬局(調剤薬局)で、すべて調剤してもらいましょう!

以下のようなメリットがあります。
  • 違う医療機関から貰った薬の重複,飲み合わせによる副作用を未然に防げる。
  • アレルギーのチェックもしてくれる。
  • 薬についての詳しい説明や相談が受けられる。
  • ジェネリック医薬品(後発医薬品)への切り替え相談も可能。

あなたの安全を守る「お薬手帳」

お薬手帳ってなに?

お薬手帳には、あなたに処方されたお薬の名前・のむ回数・のむ量(薬歴)が毎回記入されていきます。
この記録があると、いろいろな医療機関にかかる時や、主治医が変わるとき、入院するとき、退院したときなどは、そのお薬手帳を見るだけで、今まで、どのようなお薬を使って治療されてきたかが、医師や薬剤師に一目でわかるので、今後の治療の参考にもなり、同じお薬が重なっていないか、のみあわせはないかなどのチェックをするこことができます。

お薬手帳の使い方

病院、歯科医院、薬局に行ったときは、毎回、医師、薬剤師に必ず見せてください。
お薬手帳は、一人一冊です。同じ手帳にすべてのお薬の内容を記録してもらってください。

お薬手帳のもらい方

処方箋を持っていった調剤薬局で、無料でもらうことができます。
保険証と一緒にお薬手帳も必ず持ちましょう!