グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 医療技術部門  > 薬剤科  > 就職を希望される薬学生・薬剤師の方へ

就職を希望される薬学生・薬剤師の方へ

若いエネルギーあふれる人材をどのように育てるかを日夜考え、基礎的な臨床現場の知識はもとより、最新の医療を吸収しつつ、実際の現場にいかにフィードバックできるかを考えています。


薬剤科見学会について

薬剤科見学会を随時開催しております。お気軽にご連絡ください。
日程により、病棟常駐およびチームラウンド(PCT等)も見学できます!

見学日程

見学会では病院の概要をお話しした後に、調剤室、注射室、抗がん剤ミキシング室、医薬品情報室等で仕事の実際を順次見学していただきます。病棟常駐の実際やチーム活動を見ていただくことも可能です。
なお、参加人数に限りがありますので、ご希望の方は担当者まで事前にご連絡ください。
※返信がない場合は、電話にてお問い合わせ下さい。

■見学会
第1回  日時:平成31年4月22日(月) 
      9時30分
      場所:1階 薬剤科
      ※定員に達しましたので閉め切ります。
      

第2回  日時:平成31年5月20日(月) 
      9時30分
      場所:1階 薬剤科
      ※定員に達しましたので閉め切ります。

第3回  日時:令和元年6月24日(月) 
      9時30分
      場所:1階 薬剤科

連絡先・持ち物等

見学をご希望の方は、事前に下記アドレスにメールにてご連絡ください。
当日は病院1階薬剤科長室へお越しください。
持ち物白衣
連絡先薬剤科長 寺山 E-mail: yoshiyasu_terayama(ここに@を入れてください)tokyo-hmt.jp
主任技術員 小木 
ご不明な点・ご質問等ございましたら下記にご連絡ください。
豊島病院 電話03-5375-1234(代表)

職員の募集について

当院の薬剤科は、病床数415床というアットホームな環境の中で、医師、看護師及び他の医療スタッフと共にチームの一員として患者さんのために医薬品の適正使用を推進しています。若いスタッフが多いため、教育には特に力を入れ日々努力を重ね、より臨床の現場で役に立つ薬剤師を全員が目指しています。

一緒に働きたいと思う方は是非ご応募ください。

常勤職員の募集について

正職員の募集は、東京都保健医療公社の6病院一括で年1回行われます。
以下のHPにて登録することにより、募集があるときは「お知らせメール」が届きます。
東京都保健医療公社 職員募集ページ: http://www.tokyo-hmt.jp/staff/index.html

採用試験:  ・資格取得見込み者(翌年3月に卒業予定):おおむね6月に募集
        ・有資格者(既卒者):おおむね10月に募集

非常勤職員の募集について

非常勤 : 2名

E-Mail
薬剤科長 寺山:yoshiyasu_terayama(ここに@をいれてください)tokyo-hmt.jp

電話
豊島病院:03-5375-1234(代表)
応募資格薬剤師
業務内容調剤・注射調剤、抗がん剤ミキシング、薬剤管理指導業務等、幅広い業務を経験できます。
ICT、NST、PCT等の医療チームへの参画や病棟常駐も行っており、研修・学会等への参加・発表も積極的に支援しています。
雇用形態 1年(更新可能)
勤務形態週:36時間(18日/28日)、日当直あり
8時45分~17時30分(実働8時間)
待遇時給:2,250円、交通費支給
社会保険、全国健康保険協会健康保険(旧政府管掌健康保険)、雇用保険、労災保険加入
※当公社「パート職員の就業に関する要綱」の「パート職員の通勤費の支給に関する基準」による。
休暇年次有給休暇:年10日(勤務6カ月後付与)
夏期休暇:3日

当科若手薬剤師の声

当院の薬剤科では、調剤業務・注射調剤業務・混注業務を交代制でおこなっています。入職して1年ほどで病棟配属もあり、病棟薬剤業務や薬剤管理指導業務にも携わることができます。また、ICTやPCT、NST、糖尿病教室にも積極的に薬剤師が参加しているため、勉強会や回診、カンファレンスなどで他職種や患者さんと接する機会が多くあります。
現在、私は呼吸器内科・腎臓内科の病棟を担当し、持参薬鑑別やTDM、回診参加、服薬指導など様々な業務を行っています。また、糖尿病教室で患者さんへ説明を行ったり、教育入院してくる患者さんの薬剤のサポート等も担当しています。
様々な業務に触れることができ、豊富な経験や技術習得ができることが、当院の薬剤科の特徴だと思います。サポート体制も充実しており、研修や勉強会、学会へ参加できる機会も多くあり、病院薬剤師として多くの知識を得ることもできます。様々な業務に携わることができ、とてもやりがいのある職場だと思います。患者さんが安心して薬を服用できる環境を作れるよう日々の業務に臨んでいます。

 薬剤科では、調剤室、注射室、抗がん剤ミキシング、病棟薬剤業務をシフトに基づきローテーションで行っています。
新人薬剤師はローテーションに入るにあたり各部門で業務評価項目を用いた研修を行います。また研修終了後は各部門で部門のリーダーによる習熟度をはかる取り組みも行っています。
ローテーションで業務を行うことにより、業務内で自分に不足している知識に気が付くことができ、解決していく過程で多くの知識や技術を習得することができます。
先輩薬剤師のサポートはもちろんのこと、院内の勉強会、地域の講習会及び学会などにも積極的に参加させてもらっています。
2年目で学会発表を行い、症例をまとめる力やポスター制作のスキルを磨くことができました。
私たちは、各々興味のある分野を見つけ、認定薬剤師や専門薬剤師を目指して活動しています。更に、得意分野を活かしチーム医療にも参加しており、病棟薬剤業務と共にチーム医療でも他職種との連携を図っています。

公社病院薬剤科の育成とキャリアデザイン