グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > 感染症内科

感染症内科

診療内容

生まれてから老いるまでの長い人生の間、いつでも順調とは限りません。人にはそれぞれ事情があり、そんなつもりはなくても健康を損ねてしまうこともあるでしょう。当科で取り扱う病気は感染症ですが、人という意味では、すべての国籍・年代・職業、あらゆる事情を持つ人を対象にしています。診療は今のところ日本語か英語で行います。それ以外の母国語の方でも分かる範囲で対応します。

当科で取り扱う病気は、次の通りです。
1. 感染症法に規定される、二類から五類までの感染症(肺外結核、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、腸管出血性大
  腸菌感染症、マラリア、デング熱、レプトスピラ症、破傷風など)
2. 検疫法に規定される感染症(鳥インフルエンザ(H5N1)など)
3. 海外渡航後の発熱や下痢など、上記1や2が疑われる症状
4. HIV/AIDSとその合併症
5. 麻疹・風疹・水痘をはじめとする、感染力の強い小児疾患の成人例
6. その他、よくみられる病原体から稀な病原体まで、感染症全般

当院は、第二種感染症指定医療機関およびエイズ診療拠点病院として東京都の指定を受けています。

診療実績

感染症法疾患の新規届出数(平成30年度)

二類感染症結核14
三類感染症腸管出血性大腸菌感染症7
四類感染症A型肝炎
デング熱
レジオネラ症
3
3
2
五類感染症風疹
梅毒
侵襲性肺炎球菌感染症
百日咳
アメーバ赤痢
HIV/AIDS
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症
ジアルジア症
麻疹
8
7
6
4
3
2
1
1
1

※外来・入院・他科症例を含む

入院症例の主な内訳(平成30年度、127例)

尿路感染症
(腎盂腎炎など)
24大腸菌(感受性株)
緑膿菌
14
2
呼吸器感染症17肺炎球菌
黄色ブドウ球菌(感受性株)
2
2
皮膚感染症(蜂窩織炎)9G群連鎖球菌2
インフルエンザ6
腸管感染症5Clostridium difficile
1
咽頭炎・扁桃炎・中耳炎など5
歯性感染症4嫌気性菌
3
原発不明の菌血症4A群連鎖球菌
G群連鎖球菌
Streptococcus mitis group
肺炎桿菌
1
1
1
1
ウイルス感染症3麻疹
風疹
帯状疱疹
1
1
1
感染性心内膜炎3黄色ブドウ球菌(感受性株)
MRSA
2
1
化膿性脊椎炎3黄色ブドウ球菌(感受性株)
大腸菌(感受性株)
大腸菌(ESBL産生株)
1
1
1
急性肝炎2A型肝炎
EBウイルス
1
1
細菌性髄膜炎2Gardnerella vaginalis2
梅毒2神経梅毒1
HIV/AIDS1トキソプラズマ脳炎+食道カンジダ1
デング熱1
感染性大動脈瘤1Staphylococcus hominis1
胆嚢炎1大腸菌1
無菌性髄膜炎1

主な医療設備

感染症病床として、トイレ、洗面所、シャワー完備の隔離個室、2人部屋が計20床あります。
その他の設備は内科病棟に準じています。

スタッフ紹介

氏名役職専門資格
足立 拓也
(あだち たくや)
医長熱帯病、HIV/AIDS
ほか感染症一般
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医・指導医
東京大学医学教育国際研究員センター客員研究員
上智大学総合人間科学部看護学科非常勤講師
インフェクションコントロールドクター(ICD)
佐野 正浩
(さの まさひろ)
医員輸入感染症、
性感染症
ほか感染症一般
日本内科学会認定内科医
日本性感染症学会認定医
日本渡航医学会認定医療職
愛知医科大学衛生学教室非常勤講師
Diploma in Tropical Medicine and Hygiene
(Mahidol University)

感染症内科の国際貢献

2014年に西アフリカで発生したエボラ出血熱アウトブレイクの対策のため、世界保健機関の支援要請に応じて、足立拓也医長をシエラレオネ共和国に派遣しました。足立医長の流行最前線での経験を、学術誌に論文発表しました。

(1) 日本感染症学会「エボラ出血熱:西アフリカにおける流行と対策」
   感染症学雑誌 第89巻 第2号 223~229頁 2015年
   http://journal.kansensho.or.jp/Disp?style=abst&vol=89&mag=0&number=2&start=223

(2) 日本ウイルス学会「エボラウイルス病流行における生物医学以外の要因」
   ウイルス 第65巻 第1号 83~88頁 2015年
   http://jsv.umin.jp/journal/v65-1pdf/virus65-1_083-088.pdf

(3) 日本臨床ウイルス学会「エボラウイルス病の社会的影響」
   臨床とウイルス 第44巻 第1号 24~28頁 2016年

スタッフを募集しています

当院の感染症診療をともに担っていただける医師を募集しています。感染症専門医の方はもちろん、これから専門医を目指す方も歓迎します。

  • 英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語を話せる方や、発展途上国経験者は、採用に際して特に評価します。
  • 多様な人材確保の観点から、女性医師や、首都圏以外の出身者も、特に考慮します。
  • これまで特別な経験がなくても、意欲のある方は面接評価を受けていただいた上で、採用を検討します。

医師募集についての詳細は、下記をご参照ください。
庶務課人事担当、または足立医長までお問い合わせください。

研修希望の方へ

当院は、優れた臨床医を目指す方のための研修施設です。初期研修と後期研修では、次の三つを柱として、「基本に忠実に」をモットーに診療スキルを習得していただきます。

  • 身体診断学
  • 微生物学
  • 薬理学

臨床のコツは、病態の本質をとらえて、できるだけシンプルに治療を完了することにあります。三つの基本を押さえ、個別の患者を丁寧に診察すれば、治療のしかたは目に見えて上達します。ガイドラインの丸暗記とは一味違う、自分でよく考えた治療法を、ぜひ身につけてください。研修終了時には、どの有名病院の研修医や後期研修医にも負けない即戦力が備わっていると思います。

研修プログラムの詳細は、下記をご参照ください。
正規のプログラム以外にも、数か月~1年程度の短期研修など、個別に相談に応じます。内科以外に、小児科、外科、その他の科を志望する方も受け入れています。

庶務課研修担当、または足立医長までお問い合わせください。

2019年4月1日更新