グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > リハビリテーション科

リハビリテーション科

概要

  • 当院では発症急性期から、早期日常生活活動(ADL)の自立、早期在宅復帰を目標として、集中的かつ専門的なリハビリテーションを行っています。

リハビリテーション科スタッフ

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(I)、運動器リハビリテーション(I)、呼吸器リハビリテーション(I),
    心大血管疾患リハビリテーション(I)、がん患者リハビリテーションの施設基準を有し、また日本リハビリテーション医学会研修施設にも指定されています。

  • リハビリテーション科病床として1床(一般病床)を有しています。

  • 平成16年10月から東京都区西北部二次保健医療圏における地域リハビリテーション支援センターに指定され、リハビリテーション科がその中心的な役割を担っています。

診療内容

入院でのリハビリテーション

急性期のリハビリテーション
院内他科からの依頼により、廃用症候群の予防、早期ADL改善を目指したリハビリテーションを実施しています。特に脳疾患患者に対しては、当院はSCU病棟を有しており、脳神経外科、神経内科と密接な連携をとりつつ、急性期からADL向上に向けて積極的な対応を行なっています。また、運動器リハビリテーションとしては、スポーツ障害に対するリハビリテーションに力を入れています。(整形外科ページ参照
他に、がん手術予定患者(外科)の「術前」からのリハビリテーション介入、急性心筋梗塞患者に対するリハビリテーション介入、糖尿病教育入院患者に対する運動療法実施および指導も行っています。
リハビリテーションの必要性のある患者に対しては、土曜日も訓練を実施しています。
またリハビリテーション科スタッフが栄養サポートチーム(NST)、呼吸療法サポートチーム(RST)、心不全チーム、排尿ケアチームに参加し、早期リハビリテーション介入必要患者のスクリーニングも行っています。

外来でのリハビリテーション

外来通院でも理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。また外来では以下の対応も行っています。
  • 義肢・装具外来(義肢・装具の作製、調整、相談など)
  • 筋電図検査(末梢神経障害、神経筋疾患の診断、評価など)
  • 嚥下障害に対する対応
  • 高次脳機能障害に対する対応
  • 上下肢痙縮に対する治療(ボツリヌス治療など)

地域リハビリテーション支援センター・高次脳機能障害支援普及事業

地域リハビリテーション、高次脳機能障害支援に携わる関連職種のレベルアップ、医療・福祉間の効果的な連携に向けての支援を行う目的で相談事業、講演会等の実施、事例発表検討会の開催等を行っています。
地域リハビリテーション支援センターホームページ参照
高次脳機能障害支援普及事業ホームページ参照

ボツリヌス治療のご案内

脳卒中などの疾患で生じる上肢、下肢の痙縮(筋肉のつっぱり)に対する治療の一つであるボツリヌス治療を行っています。
ボツリヌス治療は、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌス毒素)を有効成分とする薬(ボトックス)を筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌス毒素には、筋肉を緊張させている神経の動きを抑える作用があり、このボツリヌス毒素を注射すると筋肉内の緊張をやわらげることができます。

ボツリヌス治療をご希望の方は、まずは当院リハビリテーション科のボツリヌス痙縮外来をご予約下さい。診察により、ボツリヌス治療の適応を検討し、適応がある場合は、治療およびリハビリテーションを計画いたします。

ボツリヌス痙縮外来のページへ

診療スタッフ紹介

リハビリテーション科スタッフとしては、下記のスタッフで対応しております。(平成30年8月現在)
  • 医師1名(リハビリテーション科専門医)
  • 理学療法士:常勤7名、常用パート2名
  • 作業療法士:常勤3名、常用パート1名
  • 言語聴覚士:常勤2名、常用パート1名
  • 助手:常用パート1名(常用パートは週2回勤務以上の人数)
医師名役職専門所属学会・資格
中島 英樹
(なかじま ひでき)
医長リハビリテーション科全般日本リハビリテーション医学会認定臨床医
リハビリテーション科専門医
リハビリテーション科指導医
身体障害者福祉法15条指定医(肢体不自由)

リハビリテーション科訓練部門

理学療法(PT: Physical Therapy)

麻痺に対する治療。痛み治療。患部を保護する日常生活の指導。手術後の管理。廃用症候群の防止(筋力低下の防止・関節が固くなることの防止・呼吸機能の維持)。松葉杖指導などを行います。

理学療法室

[スタッフ]
常勤職員:7名
常用パート:2名

◆早期からのリハビリ開始
 脳血管障害・整形外科・廃用症候群(呼吸器疾患・循環器疾患・糖尿病・外科の術後・精神疾患)など発症後すぐ
 に、リスク管理のもと早期リハビリを開始します。
 また当院では脳卒中ケアユニット(SCU)を6床設置しており、超早期からリハビリを開始します。

ベッド上でのリハビリ場面

◆その他の当院での取り組み
・糖尿病教室
  入院・外来の患者さんを対象に、月に1回、医師・看護師・薬剤師と共同で講義を行っています。   
・呼吸サポートチーム(RST)への参加
  人口呼吸器の離脱のため週に1回、医師・看護師・臨床工学士と共同で回診を行っています。

作業療法(OT: Occupational Therapy)

身体や精神に障害のある方に、その方らしい生活が送られるように機能訓練や各種作業活動を用いて、機能回復、維持、日常生活の工夫を行います。

福祉用具(自助具)を利用して運動機能を補い動作を楽に行えるように練習します。

[スタッフ]
常勤職員:3名
常用パート:1名

車椅子姿勢の評価・アドバイスを行います。様々な種類のクッションや車椅子を用意しています。

注意・記憶・判断等認知機能の改善、活性化に対して作業を通して働きかけます。

以前の経験、趣味を活かして楽しみながらできる活動を取り入れています。

言語聴覚療法(Speech Therapy)

脳血管障害の後遺症による失語症、構音障害・嚥下障害などを対象に、入院および外来での機能回復訓練を行います。

[スタッフ]
常勤職員:2名
常用パート:1名

【特色】
◆「食べる」ためのリハビリ
 しばらく口から食べていない方でも安全にお食事をするためのリハビリです。
 訓練室でなく部屋のベッド上で行うことも多く、全身状態やその日の体調に合わせて効果的なリハビリができるよ
 う工夫しています。
 
<実際に行うこと>
・飲み込む力の確認と練習方法の指導
・口の中をきれいに保つお手伝い
・食べやすい物や食べにくい物の説明と食べ方の注意点を本人・家族に伝達など
 
看護師と摂食機能療法を進めているほか栄養サポートチーム(NST)としても活動中です。

◆「発声・発音」のためのリハビリ
 ろれつが回らなくなったり、声がかすれて出にくくなったりした方へのリハビリです
 
<実際に行うこと>
・口や頬、舌などの運動、自主トレ指導
・発声練習、発音の練習 など

◆「ことばでの意思疎通」のためのリハビリ
 言いたいことばが出て来ない、人の話を聞いても理解できない、読み書きができない、など意思疎通に欠かせない
 ことばのリハビリです
 
<実際に行うこと>
・聞く・話す・読む・書く 各機能の評価
・聞く力、読む力を高める練習
・話す練習 声を出す/あいさつ/短文
・書く練習 名前・住所/日記
・計算練習 など

このほか「高次脳機能障害」という記憶や注意力などに問題がある方の評価・訓練も行っています。
入院中の方はもちろん、外来通院の方にも対応しています。