グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 入院のご案内  > 入院する患者さんへ(持参薬のお願い)

入院する患者さんへ(持参薬のお願い)

当院では、入院中に安全に治療・検査を行うため、普段服用しているお薬の内容(お薬の種類や飲み方)を薬剤師が確認しています。

お持ちいただくおくすり・書類

  • 入院される科のおくすり
  • 他の科のおくすり
  • 他の病院のおくすり
  • のみぐすり以外のおくすり(インスリン、湿布、目薬など)
  • おくすりの説明書
  • おくすり手帳(重要)

おくすり手帳について

「お薬手帳」には患者さんが使用している薬の名前や量などが記されており、また現在までにどのように薬の種類や量が変わってきたかを知ることが出来ます。
入院される際は服用しているお薬と共に「お薬手帳」もお持ちくださいますようお願いします。また退院される際、入院中どのような薬を服用していたかを記載することができますので、退院後かかりつけ薬局で薬をもらう際には、この「お薬手帳」を提出するようお願いいたします。それによりかかりつけ薬局の薬剤師さんも入院中の薬がわかり、薬に関する橋渡しとして継続した薬剤管理に役立てることができます。

予定入院の患者さん

現在服用中のおくすりを、入院予定日数をお持ちください。
※他の病院のおくすりも、入院予定日数分足りるようにご用意してください。
※手術などで、入院前に中止しなければいけないおくすりもありますが、手術後にのみはじめることがあります。

緊急入院の患者さん

現在服用中のおくすりを、ある限り家からご持参ください。