グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 認定看護師からのメッセージ

認定看護師からのメッセージ

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護というと難しく感じますが、抗がん剤治療を受ける患者さんやそのご家族が安心して治療が受けられるよう看護を提供するのがこの分野です。治療によって生じる副作用や苦痛を最小限に抑えるための関わり、治療選択時の意思決定のお手伝い、スタッフからの相談対応、院内の看護師教育を行っております。患者さんが自分らしい生活を送りながら治療を受けることができるような、看護の提供を心がけています。

感染管理認定看護師

患者さんや面会者の方、職員など、院内にいる全ての人が感染を曝露する危険性から回避できるように活動しています。「起こる可能性のある院内感染を予知して未然に防ぐ」、「起き始めている院内感染を早期に察知し、対策を講じて拡大を防ぐ」ことを目指し、感染伝播をしない環境作りや、させないための教育を行っています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは、診断された時から始まるケアです。病期や療養場所を問わずいつでも緩和ケアが提供できることを目指します。患者さんとご家族が抱える様々なつらさを緩和し、患者さんとご家族の意思を尊重しながら希望を支え、大切な時間を穏やかに過ごせる環境を提供していきたいと思います。

手術看護認定看護師

手術を受ける患者さんやご家族が安心して手術を受けることが出来るよう手術に関わるスタッフと共に援助させていただいています。そして、手術による侵襲を最小限にし、よりよい回復ができるようお手伝いさせていただきます。また、手術中のみでなく、術前・術後を通して一貫した継続看護が行えるよう病棟や外来と連携して安心・安全な周術期看護の実践を目指しています。

摂食嚥下障害看護認定看護師 

人間にとって「口から食べる」ことは、単なる栄養摂取だけではなく、生きる楽しみであり活力の源です。嚥下障害のある患者さんに経口摂取を促す際は、誤嚥性肺炎・窒息・栄養低下・脱水等を予防し、摂食嚥下障害の増悪を防止するなどのリスク管理が重要になります。これから、摂食嚥下障害に対する相談や指導を行い、実践しながら摂食嚥下障害看護の楽しさを伝えていきたいと思っています。

糖尿病看護認定看護師

生活習慣病でもある糖尿病は年々増加傾向にあります。糖尿病看護は慢性疾患である糖尿病に対して、生涯にわたり支援が必要となる分野です。患者さんが糖尿病を持ちながらもその人らしい生活が送れるよう患者さんと共に考え支援していきたいと思っています。また、糖尿病についての院内教育や糖尿病看護に対する相談や指導を行いながら、糖尿病に関する知識とケアの質の向上に取り組んでいます。

乳がん看護認定看護師

乳がんは女性のかかるがんの第1位となっています。社会的役割を多く担う壮年期に多いため、乳がんの治療を続けながら生活していく困難さが生じることもあります。このような患者さんやご家族に寄り添いながら、治療継続ができるよう支援しています。また、乳がんの治療は幅広いため、それらの治療選択ができるよう、意思決定支援や手術後の管理、リンパ浮腫予防管理、ボディイメージ変容に対する支援を主に行っています。

認知症看護認定看護師 

認知症の人は「何も分からなくなった人、何もできなくなった人」ではありません。自分自身でも「何かおかしい」と不安や恐怖を感じながらも、出来ることを探しながら懸命に生活しています。
その人の生きてきた人生や経験・意思をきちんと確認し、その人らしく生活を継続していけるように、「もてる力」の維持、意思決定支援を行っています。また家族サポートや退院支援にも力を入れ、地域での生活継続へ取り組んでいきたいと考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

創傷(床ずれなど)、オストミー(人工肛門・尿路変向)、尿漏れ・便漏れなどによる皮膚障害のある方の相談に乗り、アセスメントをして、適切なケアを提供しながら、自己管理の支援を行っています。
また、予防活動としてスキンケアの知識や技術を用いて看護の提供を行っています。
スタッフに対して、皮膚・排泄ケア領域に関する指導と相談を行い、看護の質の向上を目指しています。