グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 看護部の概要  > 看護部長よりご挨拶

看護部長よりご挨拶

豊島病院看護部長  藤田 枝美子よりご挨拶です。


豊島病院は、東京都心部の巨大ターミナル駅である ‘池袋駅’から電車で5分、緑豊かで自然に恵まれた環境に建つ、創立120年を迎える歴史ある病院です。

地域医療支援病院として「救急医療」「がん医療」「脳血管疾患医療」を重点とした急性期医療をはじめ、「緩和医療」「精神科救急」「周産期医療」など、専門的で多様な医療、看護を行っています。「医療で地域を支える。」という公社病院の運営理念のもと、全職員が“ちから”と“こころ”を合わせ、チーム力を発揮した取り組みを推進しています。

看護部門では、急性期病院に必要な早期回復への援助とともに、患者さんの声を聴く力、観る力を高め、患者さんの“思い”をしっかりと受けとめることができる看護を大切にしています。そして「確かな技術とあたたかな心」で患者さんを支え、「安全で信頼される看護」が実践できるよう、日々努めています。
さらに地域医療支援病院の看護職員として、患者さんを“入院前”から“退院後”まで継続して支援できるよう、病院内や病院外との“つなぐ看護”に力を入れています。

豊島病院看護職員は、患者さんや地域の皆さんからのご期待に応えられるよう、“あたたかな心”を込めて、質の高い看護の提供をめざしてまいります。

看護部 藤田 枝美子