グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 教育プログラム

教育プログラム

看護師教育体制

「患者中心の医療」の実現へ向けた人材育成のための研修の企画、運営を行っています。
卒後3年間は基礎コースを研修を受講します。その後各自のキャリア開発に応じて研修コースを選択します。
設置コースには看護理論・記録コース、看護研究コース、緩和ケアコースなどがあり、公開講座も充実しています。

教育目標

  1. 最善の看護サービスを提供できる看護者を育成する。
  2. 社会人として、組織人として、職業人としての責任を果たし、主体的に行動できる看護者を育成する。
  3. 後継者の育成に積極的関われる看護者を育成する。
  4. 専門職として自己の看護実践能力を開発・発展させることができるよう能力開発を支援する。

教育内容

新人支援体制

看護の楽しさと、素晴しさを実感できるようにサポートします。
豊島病院では、院内集合研修と職場内教育が連動し、皆さんが基礎看護技術を確実に身につけられる支援体制があります。

メンタルヘルス研修

就職後しばらくは、新しい環境での緊張感が続くため、精神的にも肉体的にも疲れやすい状態にあります。ストレスが個人に与える影響はさまざまで、回復程度も個人差があります。
当院では、定期的な心理テストで早期にストレスに気づき、ストレス対処方法がとれるように、心理士による講義と演習を実施しています。

新人臨床研修

根拠(EBM)から学び、安全で安心できる看護を提供することを目標に3カ月間の臨床研修の他に、他病棟で技術を学ぶ交流研修や優先度を学ぶ多重課題研修でフォローアップを行なっています。
また、夜勤研修として先輩の動きを見て学ぶ、シャドウイングを実施しています。

看護技術トレーニング

臨床研修

他病棟で技術を学ぶ交流研修

他病棟で技術を学ぶ交流研修