グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




麻酔科コース

コース責任者吉岡 斉
麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会専門医
目標とする専門医受験者資格麻酔科標榜医、日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会専門医

研修概要

1年次

豊島病院で手術麻酔の基礎を学びます。
1年次の研修目標は、例えば全身麻酔一つ取ってみても、さまざまな麻酔の仕方があることを経験し、実践できるようになること、苦手を作らないことです。
術後疼痛管理に関しては、コンピュータソフトによる薬物動態予測を行い、麻酔、術後鎮痛に積極的にフェタンニル等の麻薬の持続静注やPCA投与を実施することで、安全で有効な術後鎮痛法を習得します。
小児麻酔においても、基本的な麻酔技術を習得することができます。
また、当院では、プロポフォールTCIによる投与、デスフルランなどの新薬も頻用しています。
全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、術後疼痛管理の基本を身に付けたら、2年次以降は他の病院での研修に出る準ことになります。

2年次・3年次

小児麻酔、周産期麻酔、心臓血管麻酔、ペインクリニック、緩和医療、ERなどを研修目標に、他の都立病院や大学病院等でも研修を行います。周産期麻酔、ペインクリニック、緩和医療は豊島病院でも研修が受けられます。

研修コースモデル

1年次豊島病院麻酔科で手術麻酔、術後疼痛管理の基礎研修(夏季休暇、冬期休暇)
2年次豊島病院麻酔科:3カ月
周産期麻酔の研修(夏期休暇、冬期休暇)
東京都立小児総合医療センター:麻酔科3カ月
小児麻酔の研修
順天堂大学医学部麻酔科:3カ月
心臓血管麻酔を中心とした研修
東京都立広尾病院 救命救急センター:3ヶ月
救急診療の研修
3年次豊島病院麻酔科
手術麻酔、術後疼痛管理の研修(夏期休暇、冬期休暇)
東京女子医科大学麻酔科
心臓血管麻酔を中心とした研修
豊島病院麻酔科ペインクリニック外来:(希望があれば)
ペインクリニックを中心とした研修
豊島病院緩和ケア内科:(希望があれば)
緩和医療の研修
その他、過去研修実績のある施設として、日本大学医学部附属板橋病院、がん研有明病院、東京都立墨東病院、東京都立大塚病院、大久保病院

主要手術実績(平成27年1月1日~12月31日)と目標手術数

平成27年
症例数
目標手術数 平成27年
症例数
目標手術数
脳神経外科6420例/12ヵ月ECT20430例/12ヵ月
外科827150例/12ヵ月口腔外科4710例/12ヵ月
産婦人科32650例/12ヵ月形成外科3910例/12ヵ月
整形外科34870例/12ヵ月合計2151400例/12ヵ月
耳鼻咽喉科13930例/12ヵ月心臓血管外科(他院)70(経験数)
泌尿器科15730例/12ヵ月 呼吸器外科(他院) 10(経験数)

指導にあたる医師

役職氏名
部長吉岡 斉
医長吉川 晶子
医員小川 敬
医員篠崎 正彦
医員小出 博司
医員佐々木 暢夫

シニアレジデントから一言

シニアレジデント2年 青木 麻生

豊島病院の特色は
  1. 麻酔科医のマンパワーが豊富なので、十分な指導が受けられる(レジデント1人で麻酔ということがない)
  2. 他院での研修(各都立病院、大学病院等、複数の関連施設)に寛容
  3. 研修医教育に積極的(研修医向け専用マニュアルを随時刷新)
  4. 勉強時間を確保しやすい(長期休暇も取りやすい)
などが挙げられます。
実際に私も多摩総合医療センター、小児総合医療センター、東京女子医科大学などへの研修を予定しており、様々な角度から麻酔を見ることができると思います。
麻酔科希望の皆さんと共に成長できることを今から楽しみにしています。
是非一度、病院見学にいらして下さい。
東京医師アカデミー Webサイトのご紹介

都立病院・公社病院の提供する後期臨床研修システム
東京都ではシニア終了後から東京都医師アカデミーが指導を行うクリニカルフェローコースプログラムもあります。


『東京医師アカデミー』Webサイトはこちら