グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 採用情報  > 臨床研修医募集  > 専攻医(医師アカデミーシニアレジデント)の募集

専攻医(医師アカデミーシニアレジデント)の募集

当院での後期研修(卒後3年目以降)についてのご案内

当院は、「総合診療能力を備えた、社会のニーズに応えた質の高い専門医を養成する」というコンセプトのもとで、都立病院・公社病院合わせた組織的な専門医育成制度として平成20年に開講した自治体が運営する初の専門医養成組織『東京医師アカデミー』の一員です。
新専門医制度における基幹プログラムは、内科、精神科、麻酔科を申請中(1次審査を通過)です。
当院が連携施設となっているプログラム(診療科)についての採用情報は今後決まり次第お知らせいたします。


平成30年度に専攻医を募集予定です。

 当院の募集プログラムは3科(内科・精神科・麻酔科)です。各コースの募集要項・研修プログラムを公開しております。「東京医師アカデミー」ならではと言える東京都立・公社病院との緊密な連携体制はもちろん、大学、国立、民間病院とも連携し、豊富な症例経験を積むことができる専門研修プログラムとなっております。
(各専門研修プログラムの詳細をご確認いただけますが、現在公開中のプログラムは学会の1次審査を通過し、機構の審査中のためプログラムの一部に今後変更が生じる可能性があります。)

募集要項・専門研修プログラムはこちら

ご見学のお申込み・お問い合わせもお受けしております。お気軽にご連絡ください。
<ご連絡先>
豊島病院 臨床研修担当  toshima_kenshuhisho (ここに@) tokyo-hmt.jp


当院の専攻医(医師アカデミーシニアレジデント)について

来年度からの新専門医制度により東京都医師アカデミーコースの制度は診療科によっては大きく変更になります。当院は内科、麻酔科、精神科の基幹病院となりますが、その他の診療科も連携病院として今までの研修レベルが変わることはなく、各科専門領域の認定医、専門医の取得を目標としてカリキュラムが作られています。 
 豊島病院における研修の特徴は、なんといっても技術習得の機会が多いことにあります。レジデントの経験する手術症例数、検査手技数が他の施設と比べて非常に多くなっています。日常の臨床では、シニアレジデントの活躍の場が多く、一般臨床だけでなく二次救急を支えるプライマリケア医としても活躍してもらいます。初期研修医への教育も担ってもらいます。診療環境として、看護師、検査技師、コメディカル、各科、各部署の連携が取りやすく医療が円滑に行われることは君たちシニアレジデントが活躍してゆくのに極めて有効です。これらが豊島病院の特質です。
 勉強もしてください。院内研修会、CPC、学会発表など機会は多く、参加費の援助も出ます。豊島病院の研修には自分の未来が見える確実な研修システムと人間関係があります。希望する科のカリキュラムを見てみてください。もっと知りたいときはメールで連絡していただいて直接見学に来てください。今まで書かせていただいたことを実感していただけるはずです。
臨床研修委員長 畑 明宏
東京医師アカデミー Webサイトのご紹介

都立病院・公社病院の提供する後期臨床研修システム
東京都ではシニア終了後から東京都医師アカデミーが指導を行うクリニカルフェローコースプログラムもあります。


『東京医師アカデミー』Webサイトはこちら


学会研修認定施設等の認定状況

見学、お問い合わせは随時受け付けております。
担当:豊島病院 庶務課庶務係 臨床研修担当
toshima_kenshuhisho(ここに@を入れてください)tokyo-hmt.jp

当院基幹の内科専門研修プログラムの対象となる専攻医の募集情報です。

このプログラムの内容については学会の一次審査を通過したものであり、日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更がある可能性がありますことをご承知おきください。