グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




精神科コース

コース責任者尾﨑 茂
精神保健指定医、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医、
日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本睡眠学会睡眠医療認定医師、
日本医師会認定産業医
目標とする専門医受験者資格精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医、
日本総合病院精神医学会認定一般病院連携精神医学専門医

平成31年度精神科専門研修プログラム

医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を
結ぶこととなります。

本専門研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、
今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。


平成30年度の専攻医採用については募集要項をご確認ください。

研修概要

当院の3年間の研修では、スーパー救急病棟をホームグランドとしてgeneralな精神科医として必須となる基礎的な技術と知識を修得し、さらに個人の資質や志向性に合わせて、より専門性の高い精神科医療の研鑽も積むことを目標としている。そして将来、日本や世界の精神科医療を担う医師を育成することを目指している。
実務的には3年間を終了することで精神保健指定医及び日本精神神経学会専門医の受験資格が得られる。

1年目

指導医のもとに患者の病歴の取り方、診察の仕方、精神療法、薬物療法、電気けいれん療法、患者および家族への疾病教育、精神科リハリビテーション、社会資源の利用方法など、基礎的な技術と知識を習得する。

2年目

より専門性の高い分野での研鑽を積むために、院外の施設での研修を選択することができる。例えば、小児精神科医療、脳神経系画像診断、司法精神医学など、その他希望に応じて、研修先をアレンジすることは可能である。
院外での研修は原則1年までとする。

3年目

指導医にスーパーバイズを受けながら、患者の初診から、診断、入院適応の判断、検査・治療の選択、社会復帰などについて、自らが一人で判断・決定を行う。また、臨床研修医への指導も体験してもらう。

指導にあたる医師

役職氏名医師免許
取得年
資格名
(「専門医」、「指導医」)
部長尾﨑 茂(おざき しげる)1985年精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本睡眠学会睡眠医療認定医師、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医、
日本医師会認定産業医、医学博士
部長益冨 一郎(ますどみ いちろう)1993年精神保健指定医、医学博士、日本精神神経学会専門医・指導医
医長白木 明雄(しろき あきお)1997年精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医
医長安来 大輔(やすぎ だいすけ)2001年精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医、日本医師会認定産業医、精神腫瘍学の基本教育に関する指導者研修会修了
医員佐々木 健至(ささき たけし)1999年精神保健指定医、医学博士、日本精神神経学会専門医・指導医