豊島病院における診療体制について

東京都知事の発表や報道等にもありますとおり、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、当院におきましては、東京都の要請により、新型コロナウイルス感染症患者さんの受入強化に向けた準備を進めております。
病院の総力を結集し、新型コロナウイルス感染患者さんを優先して受け入れていくとともに、その他の医療については大幅に縮小せざるを得ませんが、できる限り継続をしてまいります。
当院を受診される患者さん、地域の先生方はじめ関係する皆様方にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。

                                令和3年1月15日
                                公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院
                                            院長 安藤 昌之

豊島病院の新型コロナウイルス感染症対応強化に伴う診療体制の変更について

 都内の新型コロナウイルス感染症患者の拡大に伴う都の方針に基づき、当院は今後、新型コロナウイルス感染症患者の受入れを最優先として更なる病床を確保し、できる限り多くの患者さんを受入れていくこととなりました。
 このため、当面の間、下記の診療体制に変更いたしますので、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

1 診療について

(1)外来診療
 現時点では通常の外来診療を行っていますが、新来患者予約・診療について、今後の状況に応じて制限して参ります。制限の状況については、今後お知らせいたします。
 当院は、一般の外来患者さんと新型コロナウイルス感染症の入院患者さんの動線を完全に分離しておりますので、安心してご来院いただけます。

(2)入院診療
 現在、通常の入院診療(新規入院)を制限しています。(周産期・精神科・小児科を除く)同時に新型コロナウィルス感染症患者さんをお受けする病棟の拡大を進めております。

(3)救急医療
 一般救急診療(周産期・精神科・小児科を除く)及び、当日の直接来院の受診はお受けしておりません。

(4)その他
 新型コロナウィルス感染症患者さんをお受けする病棟の拡大のため、入院予定及び、入院中の患者さんの他院への紹介及び、転院のお願いをさせていただいております。(周産期・精神科・小児科を除く)

2 期間

○対応期間の継続または終了に関しては、改めてお知らせいたします。